新築注文住宅・店舗オフィス設計・住宅リフォームを大阪府堺市でするならマツバラ工務店にお任せください

新築注文住宅・店舗オフィス設計・住宅リフォームを大阪府堺市でするならマツバラ工務店にお任せください 新築注文住宅・店舗オフィス設計・住宅リフォームを大阪府堺市でするならマツバラ工務店にお任せください
カタログダウンロード
BLOG

【家づくりコラム】中古×リノベーション

  • ヤスイ ミホコ
  • スタッフブログ

《テーマ☝中古×リノベーション》

家づくりは取捨選択の連続

「自分らしく!快適なお家にしたい」というご家族様は注文住宅を選ばれます。注文住宅は土地探しからになることが多く、立地・利便性いいお土地は、予算面もアップしたり、みつかったお土地と建物をトータルで予算配分が必要です。家づくりは過程のなかで、家族にとっての取捨選択しながらすすめることは常に必須。家族にあったお家を選択する。そのひとつ、中古物件のリノベーションをご紹介していきます。

建て替えや予算ダウンでの選択肢

ヤスイ[広報ヤスイ]弊社ではリノベーションを選択するお客様もいらっしゃいます。みなさんすてきな住まいに刷新されていて、すごく満足されていますね。どんなご家族が選択されるのでしょうか?

M様[西條]すでにも持ち家がある、または中古物件を購入してフルリノベーションを選ばれるご家族様が多いですね。お土地を購入して注文住宅を建築よりも、コストを抑えられるのがメリットです。また希望の駅に近く、希望の校区など、立地条件を満たす再利用可能な中古物件はみつかれば、解体費も更地にするより抑えられるリノベーションはやはりコストダウンできます。ご相談当初、新築注文住宅をお考えだったお客様も、自分たちの住みたい場所では予算が厳しいなどの理由で、ご家族の考えを整理して、選択される方もいらっしゃいます。

ヤスイ[広報ヤスイ]それも前向きな選択ですね。お家は家族にとって大切な場所、そのお家をこれからつくるとなると、その先の暮らしを想定して、向き合う機会になりますよね。情報を整理して、選択して、家族らしいお家をつくっていかれるその過程もいいな、と思うんですよね。

M様[西條]そうですね。なので満足される方が多いのだと思います。家づくりにとって予算は、重要な位置づけです。


 


既存のお住まいを店舗にリノベーションされた大阪府堺市南区LITA hair様

購入物件をリノベーションする

ヤスイ[広報ヤスイ] 今回事例で紹介したいのが、築52年を経過したRC住宅(鉄筋コンクリート)を購入して、フルリノベーションしたH様邸です。こちらは駅にも近くて広さもあり、お子様の校区も希望通りでした。もともとは1階は住居、2階は事務所利用されていたお宅で、外付けの階段が特長的です。

M様[西條] 螺旋階段がすてきなお住まいなのですが、1階から2階への上がる室内階段がない状況でした。「RCの特性上天井をカンタンに抜くことができないかも」というのが購入時の難点だったんです。

ヤスイ[広報ヤスイ] そこで弊社の大工出身の松原の登場ですね!(笑)

M様[西條] はい!弊社には構造のプロがいますので、玄関ホールに室内階段をつくったんです。ご家族がこちらの物件の購入を考えられた時点から現場調査に同行させていただき、お施主様の住みたい暮らしができるかを提案させていただけました。

【before】富田林市K様邸

【after】外壁塗装もキレイにしてモダンな住まいへと刷新した富田林市H様邸

持ち家をリノベーションする

ヤスイ[広報ヤスイ] すでにお持ちの住まいを快適にリノベーションする事例は松原市のS様邸ですね。中古物件を購入して、子育て期を過ごしてから建て替えを決意。新築で建てるか、リノベーションをするかの選択でしたが、トータルはやはりリノベーションのほうが価格抑えれたんですよね。

M様[西條] 戸建てリノベーションは、外壁と骨組みだけを残して断熱材も全部入れ替えます。築年数の経過したお家によくある隙間風の問題も徹底シャットアウト。窓ガラスも複層ガラスのサッシに入れ替えるので、リノベーションでも以前よりは高気密高断熱仕様へと転化できます。

ヤスイ[広報ヤスイ] 年代らしい細かに区切られた間取りすべて取っ払って、すべて新規一転。別の住まいのように生まれかわりますね。

M様[西條] 既存のお住まいがどうしてもお風呂の水まわり、キッチンなどの設備は老朽化しますし、取り替え時期は必ずやってきます。リノベーションで刷新すると、家自体の性能も上げれるので、ぜひご相談いただきたいです。

【before】松原市S様邸

【after】新築同様の仕上がり松原市S様邸

予算を考慮し、暮らし心地を優先

ヤスイ[広報ヤスイ] 実際私も子育てをしてきて、やはり生活のランニングコストがやっぱりかかるので、家づくりの予算は無理がないほうがいいと思っています。家事導線や生活導線は、家族構成や暮らし方で、十人十色ですし、注文住宅でオリジナリティあふれる家族らしい家がいい、でも予算が…って時にぜひ選択肢として、中古リノベーションがありかな!って思うんですよね。

M様[西條] たしかに、今回ご紹介したH様邸はお子様がたくさんいらっしゃいますし、S様邸は新たにワンちゃんをお迎えなられて暮らし方に変化はあったご家族様です。新築注文住宅は、基礎からですので、耐震性・性能もベストの状態ですが、予算が心配な時はリノベーションを検討してみるのもいいかもしれません。

ヤスイ[広報ヤスイ] 予算だけではなく、ご両親から大切な住まいを受け継ぐというご家族もいらっしゃいます。お家はみんなの想い入れのある場所で壊したくない、大切に使いたいM様の住まいもとてもすてきでした。そんな時もぜひご相談いただきたいですね。

M様[西條]はい!大工の代表松原がいますので、ぜひぜひご家族にとってベストなご提案させていただけます!

大切な住まいを受け継いだ堺市東区M様邸

 

PROFILE

この記事を書いたスタッフ

ヤスイ ミホコ
ヤスイ ミホコ
コンテンツディレクター兼住宅系ライター。SNSマーケティングを駆使し、マツバラ工務店にて広報活動に従事。